コラム

コラム「今こそ腸活!腸管免疫のしくみ」

コラム「今こそ腸活!腸管免疫のしくみ」

新しい1年がスタートしました。せっかく年が明けたというのに、まだまだコロナウィルスの感染拡大が続き、今年も感染しないだろうかとヒヤヒヤしながら過ごすことになりそうですね。この状況下で「免疫」というキーワードが多く聞かれるようになったので、今回は腸管免疫についてお伝えしようと思います。

腸には小腸と大腸があります。小腸では食物が消化吸収されて、大腸では水分が吸収されています。ですが、腸にはこの消化吸収以外にも大切な働きがあります。それが免疫器官としての役割です。腸には口から入ってくる細菌やウィルスなどの異物を体内に吸収しないように多くの免疫細胞が存在しています。身体の免疫細胞の約70%が腸に存在していると言われ、腸が大切な免疫器官であることが分かります。

なかでも消化吸収の役割をしている小腸のパイエル板では多くの免疫細胞が存在し重要な役割をしてくれます。パイエル板は小腸の下部にある空腸や回腸にあります。パイエル板にはM細胞という特殊な免疫細胞が存在し、病原菌やウィルスを監視し捕獲、そのまま細胞内に取り込みます。この細菌からヘルパーT細胞やB細胞が身体を守るための抗体を作り出し、異物を攻撃することができるようになります。

このような腸管免疫を活発にするためのサポートをしているのが腸内細菌です。腸内フローラとして最近はよく聞かれるようになりました。腸内細菌の量や種類を増やすために、腸内細菌のエサとなる野菜、豆、果物といった植物性の食物で食物繊維が多いものを多く摂るようにします。発酵食品、乳酸菌もおすすめです。
ぜひ今年は腸管免疫を高めて、自分の身体と健康を守りましょう。

【動画】簡単1分セルフケア★第4回は「腕」です!

【おうちでセルフエステ】

 

ビタミンEオイル「セラリキッド」を使った1分間でできる簡単セルフケアを動画でご紹介しています。
第4回目は「腕」です。

デスクワークや腕をよく使う方、肩に痛みがある場合にもオススメです!

 

【動画】簡単1分セルフケア★第3回は「手」です!

【おうちでセルフエステ】

 

ビタミンEオイル「セラリキッド」を使った1分間でできる簡単セルフケアを動画でご紹介しています。
第3回目は「手」です。

毎日使う手。マウスの使い過ぎに手に痛みが出てないですか??
ぜひお試しくださいね♪

 

                                                                                                      

粉吹きが気になる肌にビタミンEオイル

粉吹きが気になる肌にビタミンEオイル

ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。
 

肌が粉を吹いたような状態になることはありませんか?
薄い皮が半分めくれたようになっていて、クリームで一時的に押さえてメイクをしても、またメイクも一緒にめくれた状態になってしまいます。
 

<一番の大敵は乾燥!>

この粉が吹いたような状態の正体は角層細胞です。
ターンオーバーによって古い角層細胞が代謝され入れ替わることになるので、本来はターンオーバーで剥がれ落ちるものです。
ですが、バランスが悪く作られた角層細胞はうまく剥がれ落ちることができません。

古い角層細胞が肌の表面に残っている状態になっているのです。

一番の大敵は乾燥。
今の時期は空気も乾燥していますが、エアコンにも当たっているので、肌もカラカラです。
 

この粉吹き肌を治すためには、まずは保湿が一番です。
また、使用している洗顔料や化粧水はできるだけ肌にやさしいものを使用してください。
 

知らず知らずのうちに肌を傷つけてしまうことがないようにしましょう。
摩擦や紫外線などの過度な刺激によっても、肌は防御力を発揮し、表層を厚く保つために角層細胞を積み上げた状態にしておくことがあります。
 

<ビタミンEオイルで肌の乾燥をケア>

ビタミンEオイルで肌の感想をケアオススメなのが、ビタミンEオイルでのケア。
優しく洗顔した後に、化粧水をたっぷりつけます。
そのあとビタミン E オイルをつけますが、粉が吹いている部分は特に多めにつけてください。
何度も何度も吸収させるように手を当てます。
さらにジェルやクリームなどでパック状態にしておくのもオススメです。
ビタミン E オイルを塗っただけでもいいのですが、粉吹き肌になってしまったらクルクルとマッサージするようにするのが効果的です。
 

手を温めてビタミン E オイルを指先にとり、指の腹をできるだけ面積多く肌につけて優しくクルクルとまわします。ビタミンEが血行を促進してくれ、傷ついた細胞を修復してくれます。
化粧水とビタミン E オイルはこれ以上入らないくらいの量でつけておくのがいいと思います。
 

カサカサや粉吹きを発見したら、ぜひお試しください。
 

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」

【動画】簡単1分セルフケア★第2回「肩」UPしました!

【おうちでセルフエステ】


ビタミンEオイル「セラリキッド」を使った1分間でできる簡単セルフケアを動画でご紹介します。
第2回目は「肩」です。

デスクワークなどからくるつらい肩コリをほぐして軽くしていきましょう♪
ぜひお試しくださいね♪

 

「マスク肌荒れ」をビタミンEオイルでケア

ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

秋が近づいてきましたが、今度は冬のインフルエンザなどに備えて一層のマスク生活が続きます。
長いマスク生活のなかで「マスク肌荒れ」が気になる方が増加。
およそ半分の方が何らかの肌トラブルがあり、マスクの影響を感じているそうです。

今話題の「マスク肌荒れ」とは、マスクをしている部分の痒み、かぶれ、吹き出物、ざらつきなどの肌荒れのことです。
マスクをしているとなぜ肌荒れが起こるのか?

一つは、マスクの着脱によるものです。
マスクをつけたり外したりすることで摩擦が起きます。
もう一つの原因は、マスクの内側が蒸れること。
息をすることでマスクのなかで蒸れるので、雑菌が繁殖しやすい状態になります。
さらに、マスクを外すと急激に温度と湿度が変化して水分が蒸発します。
乾燥がひどくなるのと同時にバリア機能が低下していってしまうことになります。

これから乾燥の季節です。
さらにバリア機能をしっかりと備えておかないと、肌荒れがさらに進むことが考えられます。
ビタミンEオイルでの保湿は、肌のバリア機能をしっかり守り、新しい肌を作っていくのも適しています。
ビタミンEは、ターンオーバーで出てくる新しい肌を綺麗に作っていくために必要です。
ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれ、抗酸化作用が高いのが特徴です。
マスクのなかで表情筋を動かさなくなるのでシワが気になるようになったという方にも。

肌荒れを起こしている場合には、まず低刺激の化粧水でたっぷり水分補給をします。
そのうえからビタミンEオイルを手を当てるようにして浸透させます。あまり手を動かさないようにして、摩擦を少なくします。
水分もオイルも、もうこれ以上入りませんという状態まで浸透させるのがポイント。
さらにジェルやクリームで蓋をするとより効果的です。

長く続くマスク生活を乗り切るために、マスクを替えるのではなく肌のバリア機能を高めましょう。
 

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」

更年期には精油をブレンドしたビタミンEオイルを

更年期には精油をブレンドしたビタミンEオイルを

ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

更年期の症状に悩んでいるときにいいアロマってあるの?
というご質問がありました。
更年期の症状といえば、
めまい、頭痛、イライラ、不眠、ほてり、むくみ、肩こり、しびれ、
限りなくあるのではないかと思うくらい個人差があります。
更年期を迎えた女性は、
エストロゲンの急激に低下していくので、
どうしても何らかの症状が出やすいのです。


この女性ホルモンに似た作用を持つものとして知られているのが、
スクラレオールやリナロールといった成分です。
一般にアロマ(精油)というと、
ラベンダーはリラックス効果
というように香りと効果効能を結び付けやすいですが、
精油はいくつもの成分の組み合わせです。
成分がどんな作用を持っているかが重要になってきます。
そのため、人工的に作られた香りには同じ効果効能はありません。
購入の際には注意しましょう。

スクラレオールうやリナロールといった成分が含まれているのが、
ゼラニウムやクラリセージなどの精油です。
セラでは、ビタミンEオイルにこれらをブレンドして、
鼻からも肌からも吸収することをお勧めしています。
ビタミンEは性ホルモンの代謝にも関わる
女性の味方となってくれるビタミンです。
ビタミンEオイルに女性ホルモンのような作用がある精油をブレンドすることで、
さらに相互作用が生まれます。
更年期の症状に合わせて、ほかの精油をブレンドするのもお勧めです。

ぜひお試しを。

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」

【動画】簡単1分セルフケア★第1回は「首」です!

【おうちでセルフエステ】


ビタミンEオイルで簡単1分間でできるセルフケアを動画でご紹介します。
第1回目は首です。
パソコンやスマホで疲れたという方にお勧めです。
ぜひお試しくださいね♪

 

この時期こそタッチングケア

この時期こそタッチングケア

ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。
 

タッチングとは、手や指を使って直接人の肌に触れることを言います。
手を通じて心のコミュニケーションをはかり、
安心感や安定感を伝え合うことができる非言語コミュニケーションの一つです。


コロナ禍の現在、人との距離をとることが求められています。
もちろん感染拡大を防止するという観点から大切なことですが、
どんどん距離感をとることが良しとされ、
タッチングがない世界観に陥るのではないかという危惧も取り上げられるようになりました。


15年ほど前に父が出した「肌から病気を癒すタッチングー夫婦・親子からできる幸せ健康法」の書籍では、
「手を通じてエネルギーや気を伝えれば、心の病も体の病も癒される。
たとえ完治がむずかしい病でも、手に触れるだけで苦痛を和らげ、取り去ることができ、
夫婦でも親子でも、やさしく触れてあげることで癒すことができる」ということが書かれています。


タッチングはとても身近なものです。
幼いころ手を当てて手当てをしてもらった覚えがある方も多いと思います。
手を当てるだけで、苦痛を和らげ取り去ることができます。
痛みより手を当てるという信号が脳にキャッチされるというメカニズムもありますが、
何より手から伝わる温かさや気持ちのやりとり、安心感や幸福感といったものが大きいと思います。


タッチングによる安心感や幸福感はオキシトシンという「幸せホルモン」によるものです。
オキシトシンは、もともと出産の際に分泌されるホルモンとして知られていましたが、
近年は心拍数や血圧の低下をはじめ、
痛みの緩和、ストレスの軽減、美肌と多くのはたらきがあることが分かっています。
看護の現場でも患者さんに対するケアのひとつとして取り入れられたりと
オキシトシンという名称が一般的に知られるようになりました。


AIやデジタル化が進み人と触れることが少なくなっていくなか、
さらに現在の新型コロナの影響でタッチングの機会はより減少しています。
感染対策を十分に行ったうえでではありますが、家族間でのタッチングによって、
現在のストレスを軽減し、身体だけではなく心の健康も気を付けてほしいと考えています。
 

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」

天候による体調不良「気象病」を治す

天候による体調不良「気象病」を治す

ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

 

雨の日は頭が痛くなる、台風や大雨で体調が悪くなるー。
天候による体調の悪さは「気象病」と呼ばれます。
気象病は、気圧の変化によって引き起こされると言われます。
気圧が上がったり下がったりすることが原因とされ、急であるほど症状が強くなります。


気圧が変化すると、耳の奥にある内耳が察知します。
内耳は三半規管など体のバランスを保ってくれる部分です。
内耳が感じ取る情報は、脳に伝達され、それによって自律神経はストレス反応を起こします。
そこから交感神経が興奮状態になるため、めまいの悪化や血圧が上昇したり、慢性痛の悪化をしたりします。
自律神経を正常に機能させるためには、体本来の機能を正しく動かすことが大切と言われます。
睡眠時間を十分にとったり、朝食をしっかりとること、適度な運動など規則正しい生活を送りましょう。
また内耳が深く関わっていることから、耳や首の血行をよくしておくこと、姿勢も見直すようにします。
耳のマッサージは、耳をホットタオルなどで温めてから行うようにします。
耳の周りを優しく押したりすることで血行がよくなり、内耳の血行もよくなり、自律神経まで整えてくれます。

 

すでに症状が出てしまっている場合には、症状に合わせて対処する必要があります。
例えば関節などの痛みが出ている場合には、痛みが出ているところを温めるようにしますが、
偏頭痛が出ているときには温めると血管がより拡張してしまうので悪化します。
冷やしたり、刺激の少ないところで安静にするようにしましょう。
今年は梅雨が長かったり、大雨だったりと気候の不順が見られます。
身体に支障の出ないようにお過ごしいただきたいと思います。

 

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」

< 12 3 4 5 6 >