コラム

ビタミンEと血行

ビタミンEの効能のひとつに血行をよくするということがあります。ビタミンEオイルで行う弊社のビタミンマッサージも、全身がポカポカしてくるというご感想をよくいただきますが、これはマッサージの効果だけではなく、ビタミンEそのものの効能も考えられます。

 

ビタミンEは、毛細血管を広げ血行を良くすると言われます。脂溶性のビタミンのため皮膚との馴染みがよく、皮膚から直接吸収し、皮膚の血行促進や皮膚の温度を上昇させてくれます。

また、血管のなかで酸化を防ぎ、血管の健康を保ってくれるので、動脈硬化などの生活習慣病を防いでくれます。

 

私たちのからだには、頭の先からつま先まで血管が張り巡らされています。血管は、心臓に近い太い血管から枝分かれしていき、全身へと巡っていきます。細い血管を毛細血管といい、全身の95%も占めていると言われます。このように全身にある血管のおかげで、私たちは全身に栄養や酸素を取り入れたり、要らない老廃物を体外に出することができるのです。

「ビタミンEオイル美容法」ミニセミナーを開催しました。

6月29日土曜日に「ビタミンEオイル美容法」ミニセミナーを開催しました。

ビタミンEは肌やからだにどんな作用があるの?
実際にどうやって肌に触れるのが効果的?
といったことをご説明しながら、オイルでのケア方法を学んでいただきました。

新しいセミナー情報は「NEWS新着」でチェックしてください。

新しいセミナー情報は「NEWS」ページにて発信しておりますので、

ご興味がある方はぜひご確認ください。

NEWS新着ページはこちら

肌の水分と油分のバランス

気温が上昇してくるこの時期、皮脂腺の働きが活発になり、皮脂分泌も盛んになります。体内の温度も上昇するので、汗の分泌量も増えます。汗をかくことで水分も蒸発し脱水が起こったり、日によって変わる気温の変化などの理由から、肌の水分油分のバランスが崩れやすくなります。

私たちの肌には水分と油分とが存在しています。水分と油分のバランスがどのようになっているかによって、乾燥が起こったり脂っぽくなったりというタイプに分けるいわゆる「肌質」に分類されることになります。この肌質を改善するために女性が必ず気にしているのが、保湿です。

ではなぜ保湿が必要な状態になってしまうのでしょうか。代表的なのは加齢です。加齢によって、セラミドなどの肌の保水力が失われていきます。そのため乾燥しがちな肌状態になります。また、クレンジングやスキンケアを行う際の過度な刺激も原因の一つです。良かれと思ってゴシゴシとこすってしまったりすることで、肌にダメージを与えています。今の時期は特に気になる紫外線も、肌のバリア機能を低下させて、水分が減っていきますので注意が必要です。

紫外線と目のオイルケア②

目の疲れを感じたときには、
目の周囲を温めると血行がよくなって楽になります。
ぜひオイルケアの前にホットタオルをのせて休息をとってみてください。

 

お風呂の中でホットタオルののせておけば、
お風呂上りのスキンケアで「ながらケア」ができるので時間も手間も短縮!
目のまわりは皮膚が薄いので、
オイルの成分には十分気を付けてください。
また強い刺激も禁物です。
あまり強い圧をかけすぎないようにしましょう。
さっと目のまわりにオイルを塗布したら、
こめかみを指の腹でじんわりと押していきます。
次に目のまわりの骨に沿って指の腹を骨に当てるような形で3か所に分けて押してください。
目の下の涙袋の部分も同じく三か所くらいに分けてやさしく押していきます。
両方とも目の内側から外側に向かっていくようにするとたるみの解消にもなります。
最後にオイルをなじませるように先ほど押していった部分を流していきます。

 

スキンケアのときに1分だけ目を重点的にケアするだけで、
眼精疲労も目の大きさも変わってきますので、
毎日のケアに取り入れてみてください。

ビタミンEオイルの使い方②

4.パック

ビタミンEオイル「セラリキッド」は、
オイルパックとしてもお使いいただけます。
セラリキッドを塗布した後、
蒸しタオルでやさしく包み込むようにして数分置きます。
温かな蒸気によって、
いつもにも増してセラリキッドの浸透が良くなります。
もちろん、気になる部分に多めに塗布したり、
リップケアにもお使いいただけます。
季節の変わり目にはとくにお勧めです。

同じくビタミンEの入ったEジェルも、
オイルの上にたっぷり置いて数分置くと、
必要な部分にグングン吸収していきます。

毎日のお手入れにちょっとだけプラス。
ぜひお試しください。

ビタミンEの発見

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

 

ビタミンEは、
1922年にラットの妊娠に必要な因子として発見されました。
ラットを脱脂粉乳で飼育すると、
不妊症になるというところから研究がスタート。
レタスや小麦胚芽を加えると妊娠できることから、
これらのなかに共通したの栄養素が含まれていると考えました。
1923年に5番目に発見されたことから、
ビタミンEと命名。
1936年には最も活性のあるビタミンEを単離し、
トコフェロールと命名されました。
トコフェロールの語源は
ギリシャ語のtocos「子供を生む」
phero「力を与える、獲得する」に由来します。
ビタミンEは、まさに
妊娠に必要なもの
という意味を持っているのです。

たんぱく質と低体温

最近は低体温の方が多く見られます。
夏のような暑さを感じるほど気温は上がってきましたが、
皆さまはいかがでしょうか?
手先や足先だけ冷たく感じてはいないでしょうか?

 

体の代謝をスムーズに促していくためには、少し高めの体温が必要です。
体温が低いといろいろな代謝が滞ってきます。
例えば、不妊症の患者さんの足を触ると氷のような冷たさを感じます。
その冷たい血液が子宮に運ばれ、卵巣、子宮などでの代謝を抑えてしまいます。足が温かくなってくることが妊娠の目安にもなります。
かといって毎日足湯をするだけでは解決にはなりません。

ビタミンEとは

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

 

ビタミンEは脂溶性のビタミンのひとつ。
ビタミンCやAと代表的なビタミンと言われます。

 

ビタミンE(トコフェロール)には、
α(アルファ)
β(ベータ)
γ(ガンマ)
δ(デルタ)の4種類があります。
αトコフェロールが最も高い活性を持っているため、
ビタミンEの量は、
αトコフェロールの量=ビタミンEの量
とされます。
身近な商品の成分にあるのは、
αトコフェロールの量の表示
ということになります。

天然ビタミンE・天然型ビタミンE

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

 

ビタミンE(トコフェロール)は、
天然の状態では4種類が存在しています。
α、β、γ、δ、の4種類で、
このうちαトコフェロールが最も高い活性を持っています。
このため、ビタミンEの量を表す場合には、
αトコフェロールの量がビタミンEの量として扱われています。

 

天然のαトコフェロールは収集する効率が悪く、
高いコストになってしまいます。
βやγ、δトコフェロールは、油かすにも含まれています。
それらに酢酸などを使った化学的処理をすると、
αトコフェロールにすることができるのです。
このようなビタミンEを“天然型”ビタミンEといいます。

< 12 3 >