コラム

むくみが気になるときは

私たちの体には、酸素や栄養素を運ぶ血液があり、
血管がないところは毛細血管から細胞に必要な成分を運んでいます。
細胞へと成分を運ぶ細胞間液は水分や老廃物となって
静脈やリンパ管へと流れていきます。
 

静脈やリンパ管の流れが悪くなってしまうと、
水分や老廃物が回収されずに皮膚の下に溜ってしまうことを「むくみ」と言います。
 

人間の体の約60%は水分です。
その水分は細胞の中と外に分けられていて、
細胞の外にある水分は血液や細胞の周りにある組織液と呼ばれます。
この組織液が過剰にたまっている状態がむくんでいる状態です。
 

むくみが起きるときには病気からくるものかどうかをチェックしておく必要があります。
たとえば、心臓や肺、腎臓、肝臓などの病気によってむくみが起きることがあるので、
気になる症状があれば病気由来かどうかを検査しておきましょう。
 

このほか日常生活でもむくみを感じるという方は意外と多いと思います。
たとえば、塩分の多いものを摂ったとき。
私たちのからだは、塩分の濃度のバランスをとろうとするため、水分を多く取り込もうとします。
血管内の水分量が増えることで、水分が染み出してむくみが起きることになります。
このほかストレスや疲れが多いとき、睡眠不足でも、むくみは起こりやすくなります。
これは血液を送り出す心臓の働きが低下するためです。
 

中高年になって脚の筋力が低下した場合にも、むくみが起こりやすくなります。
筋肉が血液を心臓に戻す役割をしているため、
筋力が低下すると血液がうまく戻らなくなり、
血液中の水分が停滞してしまいます。
また、血液や体液は、足の筋肉のはたらきで重力に逆らってからだの中心の方へ戻されていますが、
立ち仕事などが続くと、このはたらきが弱くなり、むくみの原因となることがあります。
 

むくみを解消するには、これらの原因を排除していく必要があります。
塩分を控えたり、カリウムを含んだ食物を摂取する、
また筋力をつけて血液や体液をからだの中心へ戻せるようにすること。
これらと並んでマッサージも効果的です。
 

ビタミンEには、血行を促進し、血管内の不要なものを流してくれます。
また、尿中の塩分量を増加させ、体内のナトリウムを排出する働きがあります。
からだの下から上へと向かってビタミンEを使って引きあげていくようにします。
すぐに解消というわけにはいかないと思いますが、
思いのほか楽になったという方やからだの巡りがよくなったという方が多くいらっしゃいます。
生活習慣の改善とともにマッサージも取り入れてみてください。

アトピー肌にはたらくビタミン E

多くの原因が重なって起こるアトピー性皮膚炎。
長く続く炎症に困り果てた患者さんがセラにも多く相談にいらっしゃいます。
ビタミンEオイルを使用する方法や普段の生活のアドバイスをさせていただきますが、かなり深いお悩みを持っている方が多いと思います。

アトピー性皮膚炎は、痒みが主たる症状となっている慢性的な炎症性の疾患です。
免疫の機能障害のほか、体質や環境によっても左右されます。

アトピー性皮膚炎は免疫が過剰に反応し炎症が起きている状態です。
過剰な反応を起こす原因として、アレルギーを起こしやすい体質であることが考えられます。
IgE抗体を持ちやすかったり、遺伝的なもの、喘息や鼻炎などがアトピー素因です。
さらにアレルゲンとなる埃やダニ、花粉、金属のほか、カビ、紫外線などの刺激物質からの影響が主な要因です。
また他にストレス、疲労なども免疫を不安定にして悪化させることになります。

これらのアレルギーの要因となるのをできるだけ避けることがまず第一です。
環境を適切に保つことや、自分自身を清潔にすること、使用する石鹸や洗剤、身に付ける素材に注意することなどが考えられます。
食事や睡眠といった基本的な生活そのものを見直していくことも大切です。

ビタミンEオイルを使用しての肌機能の改善もおすすめしています。
ビタミンEは肌細胞の酸化を防ぎ、肌の弾力性や保湿の手助けをしてくれます。
肌を細胞から修復してくれるので、ターンオーバーで新しい肌が出てくるときにキレイな肌になっているという報告をよくいただきます。
肌の細胞膜を構成しているリン脂質という脂肪酸は、活性酸素によって酸化してしまい、細胞が壊れてしまいます。
これがアトピー肌を悪化させていく原因になります。そのため強い抗酸化作用をもつビタミンEが有効とされているのです。

ビタミンEオイルは肌にそっと吸収させる形で使用します。
できれば、化粧水で水分を入れるかお風呂上りの湿った肌の上から重ねてもらうのがいいと思います。
オイルは手にとったら優しく肌に当てること。乾燥していてすぐに吸収してしまう方が多いので、まだ肌が欲している間は繰り返しオイルを吸収させてください。
肌からも体の内側からも整えていくことで、アトピー肌の改善につなげていきましょう。

機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシア

どうにも胃の調子が悪い、いつも漬物石を抱えているような気がするという患者さまがいらっしゃいました。

病院でレントゲンや胃カメラも受けたそうですが、異常なし。

三か月間処方箋を飲み続けたそうです。診断名は「機能性ディスペプシア」。最近頻繁に聞くようになりました。

 

目に見える異常がないのに、胃の機能に問題があるという意味で「機能性ディスペプシア」と言うそうです。

2013年に正式名称として認められた比較的新しい病気です。

それまでは、ストレス性のもの神経性の疾患名で診断されていました。

現在患者数は非常に増加していて、来院者の50%近くに見られるそうです。

 

症状としては胃もたれや満腹感、みぞおちの痛みや焼けるような感じがあります。

この症状が毎日続くので、患者本人としては始終不快感が続くことになり、生活にも支障を及ぼすことになります。

私たちが食事をすると、胃は食物を貯めて、十二指腸に送る役割をしてくれています。

胃に食べ物を貯めたり、十二指腸に食べ物を送るとき、それぞれの臓器で刺激に弱くなっているときにトラブルが起こります。

このほか生活習慣や心因的な問題によってもこの機能性ディスペプシアは引き起こされることがあります。

 

一般的な治療法としては、この機能を改善させるための投薬と胃酸を抑える投薬をすることが多いです。
このほか抗うつ剤や漢方薬などを使用することがあります。
鍼灸でも胃腸の症状に手足や背中、腹部などの治療が行われてきました。
先の患者さんもやはり背中の非常に張りが強く、また腹部にはかなり大きい硬結が見られます。
全身のマッサージで胃の血流を改善し、刺鍼。特に腹部は念入りに緊張をとっていきます。
触れることで自律神経の緊張もとることができるので、治療後には胃が動いている音が鳴っていました。
多くの原因を抱えている患者さんが多いので、急に改善というわけにはいかないと思いますが、いろいろな治療法を取り入れることも大切だと思います。

妊活にビタミンE

妊活にビタミンE

セラでは、毎年1~2人のスタッフが妊娠し出産しています。
小さな会社にとっては大変なこともありますが、やはり一緒に頑張ってきたスタッフの妊娠は感慨深いものがあり何より喜ばしいことです。
なかなか妊娠できずに悩んでいたり、婦人科疾患を抱えてきたスタッフが妊娠できるのは、身体のことを考える業務であることと同時にビタミンEオイルを使用していることが大きいと思っています。

 

ビタミンEにはトコフェロールという別名があります。
ビタミンEはもともと妊娠に至るために必要な栄養素として発見されたビタミンです。
そのためトコフェロールとは、子どもを産むための力を持つという意味があります。


エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンのバランスによって、私たち女性は心や身体の状態が左右されます。
妊娠出産についても、受精卵のためのふかふかのベッドを作ったり、妊娠が持続するためのはたらきをしてくれています。
この女性ホルモンの分泌を正常にはたらかせ、性ホルモンの代謝を促すのがビタミンEです。

 

またビタミンEには強い抗酸化作用があります。
若返りのビタミンとして肌やからだの酸化を防ぐことで有名ですが、卵子も酸化から守ってくれます。
健康で元気な卵子を保ってくれることは、妊娠出産を考える誰にとっても切実な願いだと思います。

 

ビタミンEオイルでお腹や腰をケアすることで、ビタミンEのはたらきで血行がよくなり子宮の状態も改善されていくことが考えられます。


食事の栄養として摂取することも大切ですが、必要なところに届けられる点がビタミンEオイルの便利なところです。

 

毎日のお風呂あがりに簡単なケアを加えてみませんか?

治らない肌荒れに効果的なビタミンE

治らない肌荒れに効果的なビタミンE

季節の変わり目で肌荒れがなかなか治らないという方も多いこの時期。肌荒れに効果的と言われるビタミンはいくつかありますが、その一つがビタミンE。
肌荒れというカテゴリーで括られていますが、肌荒れとはそもそもどんな状態なのでしょう? 一般的には吹き出物や乾燥、赤み、かゆみ、毛穴が目立つ等様々な症状が出ていることを指します。個人差が大きく、複数の症状が一気に出ている場合もあります。
肌荒れの症状が出やすいのは額や頬、口の周りといった箇所。ホルモンや内臓の乱れが
肌に反映していることが多く、日常生活の乱れがそのまま出ているとも言われています。また、顔を洗う回数や刺激性のある洗浄剤の使用、タオルでの強い摩擦など過剰な肌への接触も原因の一つ。このほか肌の代謝が落ちたことによるバリア機能の低下も考えられます。

ビタミンEが肌荒れに効果的と言われるのは、肌の細胞を作り出す材料のひとつとなっていること。これにより肌の代謝機能があがり、ターンオーバーがしっかり行われ、肌のバリア機能を高めてくれます。1周期後に新しい肌が出てくるときには、今よりキレイな肌が生まれることになります。
さらに強い抗酸化作用がビタミンEの最大の特徴。私たちの肌は紫外線にさらされるだけでもどんどん錆びていきます。肌の細胞膜が酸化してしまうと、シワやシミなどの肌の老化を早めてしまいます。ビタミンEはその酸化を抑えて、老化を防止してくれます。同じく抗酸化作用のあるビタミンCと一緒に摂っていただくのも相乗効果があり効果的です。

とはいえ、ビタミン剤を大量に摂取するのはお勧めできません。身体がビタミン剤を代謝するために負担がかかる場合も考えられます。やはり食事からしっかりバランスよく摂っていただくのが一番です。また、生活習慣も見直しておく必要もあります。睡眠が十分にとれているか、睡眠をとる環境、寝具や灯りも適しているのか、もう一度考えてみるのもいいと思います。

 

女性の更年期とビタミンE

女性の更年期とビタミンE

女性みんなが気になる更年期。いざとなると何が原因で、どうすればいいのかと悩む方が多くいらっしゃいます。

更年期とは、閉経をはさんだ前後5年の時期のことを言います。
更年期の症状が出てくるのは大体40代後半くらいです。
卵巣の機能が落ちてきて、卵巣から分泌される女性ホルモンは40代半から低下していきますが、この女性ホルモンの減少が月経不順や体調不良の原因となります。

 

更年期に見られる、のぼせ、異常発汗といったホットフラッシュやイライラする、眠れないなどの症状を更年期症状といいます。
また日本人には肩こり、疲労感、腰痛、のぼせ、頭痛がよく見られるそうです。

最近では、若年層の女性で似たような症状を訴えるケースが多く、若年性更年期障害と言われていますが、この多くは不規則な生活やストレスなどによってホルモンバランスが崩れていることが原因となっていることが多く、更年期とは異なると考えられています。

夏にビタミンE

夏にビタミンE

今年は急に暑い夏がやってきました。
この暑さを乗り切るためのビタミンはたくさんありますが、ビタミンEもそのひとつ。

日差しが厳しく、日焼け止めを塗っている方も多いと思いますが、強い紫外線を受けることによって、皮膚の表面にはたくさんの活性酸素が発生します。また、酸素もたくさん取り込んでいるので、体内にも活性酸素が発生。これらの活性酸素に有効なのが、ビタミンEです。
ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を水へと還元していってくれます。ビタミンEのほか、ビタミンCやAも抗酸化作用があるので、食事に緑色の野菜などを毎日の食事にできるだけ取り入れるといいでしょう。

ビタミンEと血行

ビタミンEと血行

ビタミンEの効能のひとつに血行をよくするということがあります。ビタミンEオイルで行う弊社のビタミンマッサージも、全身がポカポカしてくるというご感想をよくいただきますが、これはマッサージの効果だけではなく、ビタミンEそのものの効能も考えられます。

 

ビタミンEは、毛細血管を広げ血行を良くすると言われます。脂溶性のビタミンのため皮膚との馴染みがよく、皮膚から直接吸収し、皮膚の血行促進や皮膚の温度を上昇させてくれます。

また、血管のなかで酸化を防ぎ、血管の健康を保ってくれるので、動脈硬化などの生活習慣病を防いでくれます。

 

私たちのからだには、頭の先からつま先まで血管が張り巡らされています。血管は、心臓に近い太い血管から枝分かれしていき、全身へと巡っていきます。細い血管を毛細血管といい、全身の95%も占めていると言われます。このように全身にある血管のおかげで、私たちは全身に栄養や酸素を取り入れたり、要らない老廃物を体外に出することができるのです。

「ビタミンEオイル美容法」ミニセミナーを開催しました。

「ビタミンEオイル美容法」ミニセミナーを開催しました。

6月29日土曜日に「ビタミンEオイル美容法」ミニセミナーを開催しました。

ビタミンEは肌やからだにどんな作用があるの?
実際にどうやって肌に触れるのが効果的?
といったことをご説明しながら、オイルでのケア方法を学んでいただきました。

新しいセミナー情報は「NEWS新着」でチェックしてください。

新しいセミナー情報は「NEWS新着」でチェックしてください。

新しいセミナー情報は「NEWS」ページにて発信しておりますので、

ご興味がある方はぜひご確認ください。

NEWS新着ページはこちら

< 12 3 4 >