コラム

治らない肌荒れに効果的なビタミンE

治らない肌荒れに効果的なビタミンE

季節の変わり目で肌荒れがなかなか治らないという方も多いこの時期。肌荒れに効果的と言われるビタミンはいくつかありますが、その一つがビタミンE。
肌荒れというカテゴリーで括られていますが、肌荒れとはそもそもどんな状態なのでしょう? 一般的には吹き出物や乾燥、赤み、かゆみ、毛穴が目立つ等様々な症状が出ていることを指します。個人差が大きく、複数の症状が一気に出ている場合もあります。
肌荒れの症状が出やすいのは額や頬、口の周りといった箇所。ホルモンや内臓の乱れが
肌に反映していることが多く、日常生活の乱れがそのまま出ているとも言われています。また、顔を洗う回数や刺激性のある洗浄剤の使用、タオルでの強い摩擦など過剰な肌への接触も原因の一つ。このほか肌の代謝が落ちたことによるバリア機能の低下も考えられます。

ビタミンEが肌荒れに効果的と言われるのは、肌の細胞を作り出す材料のひとつとなっていること。これにより肌の代謝機能があがり、ターンオーバーがしっかり行われ、肌のバリア機能を高めてくれます。1周期後に新しい肌が出てくるときには、今よりキレイな肌が生まれることになります。
さらに強い抗酸化作用がビタミンEの最大の特徴。私たちの肌は紫外線にさらされるだけでもどんどん錆びていきます。肌の細胞膜が酸化してしまうと、シワやシミなどの肌の老化を早めてしまいます。ビタミンEはその酸化を抑えて、老化を防止してくれます。同じく抗酸化作用のあるビタミンCと一緒に摂っていただくのも相乗効果があり効果的です。

とはいえ、ビタミン剤を大量に摂取するのはお勧めできません。身体がビタミン剤を代謝するために負担がかかる場合も考えられます。やはり食事からしっかりバランスよく摂っていただくのが一番です。また、生活習慣も見直しておく必要もあります。睡眠が十分にとれているか、睡眠をとる環境、寝具や灯りも適しているのか、もう一度考えてみるのもいいと思います。

 

女性の更年期とビタミンE

女性の更年期とビタミンE

女性みんなが気になる更年期。いざとなると何が原因で、どうすればいいのかと悩む方が多くいらっしゃいます。

更年期とは、閉経をはさんだ前後5年の時期のことを言います。
更年期の症状が出てくるのは大体40代後半くらいです。
卵巣の機能が落ちてきて、卵巣から分泌される女性ホルモンは40代半から低下していきますが、この女性ホルモンの減少が月経不順や体調不良の原因となります。

 

更年期に見られる、のぼせ、異常発汗といったホットフラッシュやイライラする、眠れないなどの症状を更年期症状といいます。
また日本人には肩こり、疲労感、腰痛、のぼせ、頭痛がよく見られるそうです。

最近では、若年層の女性で似たような症状を訴えるケースが多く、若年性更年期障害と言われていますが、この多くは不規則な生活やストレスなどによってホルモンバランスが崩れていることが原因となっていることが多く、更年期とは異なると考えられています。

夏にビタミンE

夏にビタミンE

今年は急に暑い夏がやってきました。
この暑さを乗り切るためのビタミンはたくさんありますが、ビタミンEもそのひとつ。

日差しが厳しく、日焼け止めを塗っている方も多いと思いますが、強い紫外線を受けることによって、皮膚の表面にはたくさんの活性酸素が発生します。また、酸素もたくさん取り込んでいるので、体内にも活性酸素が発生。これらの活性酸素に有効なのが、ビタミンEです。
ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を水へと還元していってくれます。ビタミンEのほか、ビタミンCやAも抗酸化作用があるので、食事に緑色の野菜などを毎日の食事にできるだけ取り入れるといいでしょう。

ビタミンEと血行

ビタミンEと血行

ビタミンEの効能のひとつに血行をよくするということがあります。ビタミンEオイルで行う弊社のビタミンマッサージも、全身がポカポカしてくるというご感想をよくいただきますが、これはマッサージの効果だけではなく、ビタミンEそのものの効能も考えられます。

 

ビタミンEは、毛細血管を広げ血行を良くすると言われます。脂溶性のビタミンのため皮膚との馴染みがよく、皮膚から直接吸収し、皮膚の血行促進や皮膚の温度を上昇させてくれます。

また、血管のなかで酸化を防ぎ、血管の健康を保ってくれるので、動脈硬化などの生活習慣病を防いでくれます。

 

私たちのからだには、頭の先からつま先まで血管が張り巡らされています。血管は、心臓に近い太い血管から枝分かれしていき、全身へと巡っていきます。細い血管を毛細血管といい、全身の95%も占めていると言われます。このように全身にある血管のおかげで、私たちは全身に栄養や酸素を取り入れたり、要らない老廃物を体外に出することができるのです。

ビタミンEの発見

ビタミンEの発見

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

 

ビタミンEは、
1922年にラットの妊娠に必要な因子として発見されました。
ラットを脱脂粉乳で飼育すると、
不妊症になるというところから研究がスタート。
レタスや小麦胚芽を加えると妊娠できることから、
これらのなかに共通したの栄養素が含まれていると考えました。
1923年に5番目に発見されたことから、
ビタミンEと命名。
1936年には最も活性のあるビタミンEを単離し、
トコフェロールと命名されました。
トコフェロールの語源は
ギリシャ語のtocos「子供を生む」
phero「力を与える、獲得する」に由来します。
ビタミンEは、まさに
妊娠に必要なもの
という意味を持っているのです。

ビタミンEとは

ビタミンEとは

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

 

ビタミンEは脂溶性のビタミンのひとつ。
ビタミンCやAと代表的なビタミンと言われます。

 

ビタミンE(トコフェロール)には、
α(アルファ)
β(ベータ)
γ(ガンマ)
δ(デルタ)の4種類があります。
αトコフェロールが最も高い活性を持っているため、
ビタミンEの量は、
αトコフェロールの量=ビタミンEの量
とされます。
身近な商品の成分にあるのは、
αトコフェロールの量の表示
ということになります。

天然ビタミンE・天然型ビタミンE

天然ビタミンE・天然型ビタミンE

ビタミンEオイル「セラリキッド」のCERA表参道です。

 

ビタミンE(トコフェロール)は、
天然の状態では4種類が存在しています。
α、β、γ、δ、の4種類で、
このうちαトコフェロールが最も高い活性を持っています。
このため、ビタミンEの量を表す場合には、
αトコフェロールの量がビタミンEの量として扱われています。

 

天然のαトコフェロールは収集する効率が悪く、
高いコストになってしまいます。
βやγ、δトコフェロールは、油かすにも含まれています。
それらに酢酸などを使った化学的処理をすると、
αトコフェロールにすることができるのです。
このようなビタミンEを“天然型”ビタミンEといいます。

ビタミンEと女性ホルモン

ビタミンEと女性ホルモン

ビタミンEはの化学名は「トコフェロール」
「子どもを生む力を与える」という意味で、
ビタミンEはもともと動物の餌に含まれている成分の研究で
不妊を解消するビタミンとして発見されました。
胎児の発生段階で酸化しないようはたらいているのでは?と考えられています。
また、性ホルモンの分泌を促進。
妊娠率を上げるとも言われています。

ビタミンEと抗酸化②

ビタミンEと抗酸化②

活性酸素のなかで
一番酸化力が強いのが
ヒドロキシルラジカルです。
ヒドロキシルラジカルは、
寿命は短いのですが、反応がよく、
まわりの脂質やタンパク質、糖質など
見境なく反応して酸化させていきます。
次々連鎖反応が起きて、
隣の細胞を酸化させていくことで
DNAに損傷を与えていきます。
このヒドロキシルラジカルに、
抗酸化力を発揮するのがビタミンEなのです。

ビタミンEと抗酸化①

ビタミンEと抗酸化①

ビタミンEのはたらきのなかで、
特徴的なのが抗酸化作用です。

 

ビタミンEオイル「セラリキッド」

 

酸化とは、物質が酸素と結びつく化学反応のこと。
たとえば、鉄が酸素と反応すると酸化鉄になります。
よく鉄についているサビのことです。
残念ながら、私たち人間の体も酸化します。
酸化をすると、
細胞膜の脂質を酸化させ細胞にダメージを与えたり、
細胞核を攻撃して突然変異のDNAを作ったりという
悪影響となることがたくさんあります。