コラム

ベビーケア/赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌と言えば、
みずみずしくてプルプルしているイメージ。
ですが、
実際は大人に比べて半分の厚さと言われています。
産後3か月くらいまでは
お母さんのホルモンの影響で皮脂が多く分泌されていますが、
3か月を境に半分以下に激減!
皮脂が分泌されないと
水分を保っていることができないので、
気温や湿度、ハウスダスト
といった外からの影響を受けやすくバリアできない状態に。
ちょっとした刺激でも腫れやすく傷もつきやすいのです。
赤ちゃんの肌がカサカサになったり、
頬が赤くなったり、
おむつかぶれになったりと
小さなトラブルが起きやすいのはこのためです。

赤ちゃんの肌には毎日のスキンケア

赤ちゃんの肌を健康に保つためには、
毎日のスキンケアが何より大切です。
肌を包み込むように洗ったら、
タオルでやさしくおさえるようにして水分をとります。
ゴシゴシこすらず、
ふわっと水滴をとる程度。
できるだけ早く保湿をしてあげるようにしましょう。
私は双子育児だったので、
とりあえずタオル地ポンチョをかぶせ、
自分も同じスタイルに。
ミルクやお茶を自分で持たせ、
その隙にオイルをささっと塗っていました。
毎日ベビーマッサージは大変でも、
ささっと全身オイルで塗るだけでも
肌トラブルは防げます。

 

赤ちゃんに使う保湿剤は安全ですか?
赤ちゃんに安心して使えるものかどうか表示をチェックして、
お母さんの肌でテストしてみてください。
ガーゼやタオル、ベビー服の素材が
赤ちゃんの肌にいいものかどうかを確認するように、
保湿剤についても同じように選んでいただきたいなと思います。