コラム

老けて見える顔のシミ

誰もが気になるシミ。

頬や目の横などにあるだけで、随分と年齢が上に見られたりするので、非常に気になっているという声をよく聞きます。

シミの原因となっているのは、黒色の「メラニン」という色素です。これは紫外線などから刺激を受けることで産生されます。

 

表皮の基底層に存在するメラニン色素を作り出すメラノサイトというメラニン形成細胞が、紫外線の刺激を受けるとメラニン色素をつくる仕組みになっています。

肌に紫外線が当たると伝達物質が発生し、活性酸素などを吸収したり分解したりするのですが、この活性酸素を材料にしてメラニン色素がつくられます。

 

ただし通常の日焼け程度であれば、ターンオーバーによって肌が生まれ変わり、メラニン色素を持つ細胞は時間とともにはがれ落ちます。

そのため黒くなってしまった肌もだんだんと元通りの色に戻すことができます。

 

シミとして残ってしまうのは、ターンオーバーのサイクルが滞っていることや、皮膚の再生能力が低下してしまっている場合です。

しっかりとターンオーバーが正常に機能するようにしていく必要があります。

洗顔をはじめ睡眠などの生活習慣を見直していきましょう。

 

肌は強い刺激に弱いので、顔を洗うときにはしっかりと泡立てた洗顔料を使用してください。

あまり熱いお湯を使わないことも効果的です。

また、油分が不足すると角層が乾燥していて肌に触れた時に摩擦がおこりやすくなります。

この摩擦が僅かな炎症を引き起こし、メラニン生成の刺激となってしまいます。

水分だけではなく油分も補充してください。

 

また、メラニン色素が活性酸素を材料としていることから、活性酸素を作り出さないよう紫外線対策は必須と言えます。

日焼け止めや日傘、帽子などを効果的に利用して紫外線を防ぐことが大切です。

このほかに活性酸素を発生する原因物質としては、ストレス、大気汚染、タバコなどがあげられるので、できるだけ避けるといいでしょう。

 

できてしまったシミをできるだけ目立たなくするのも活性酸素が関係しています。

メラニン色素は活性酸素によって黒く変色するため、この活性酸素を元に戻す抗酸化作用が効果的だと考えられます。

ビタミンEやビタミンC,ポリフェノールを積極的に摂り入れていくことも大切。

肌の外からのことだけではなく、内側からのケアも考えて美肌を目指してほしいと思います。