コラム

天候による体調不良「気象病」を治す

天候による体調不良「気象病」を治す

ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

 

雨の日は頭が痛くなる、台風や大雨で体調が悪くなるー。
天候による体調の悪さは「気象病」と呼ばれます。
気象病は、気圧の変化によって引き起こされると言われます。
気圧が上がったり下がったりすることが原因とされ、急であるほど症状が強くなります。


気圧が変化すると、耳の奥にある内耳が察知します。
内耳は三半規管など体のバランスを保ってくれる部分です。
内耳が感じ取る情報は、脳に伝達され、それによって自律神経はストレス反応を起こします。
そこから交感神経が興奮状態になるため、めまいの悪化や血圧が上昇したり、慢性痛の悪化をしたりします。
自律神経を正常に機能させるためには、体本来の機能を正しく動かすことが大切と言われます。
睡眠時間を十分にとったり、朝食をしっかりとること、適度な運動など規則正しい生活を送りましょう。
また内耳が深く関わっていることから、耳や首の血行をよくしておくこと、姿勢も見直すようにします。
耳のマッサージは、耳をホットタオルなどで温めてから行うようにします。
耳の周りを優しく押したりすることで血行がよくなり、内耳の血行もよくなり、自律神経まで整えてくれます。

 

すでに症状が出てしまっている場合には、症状に合わせて対処する必要があります。
例えば関節などの痛みが出ている場合には、痛みが出ているところを温めるようにしますが、
偏頭痛が出ているときには温めると血管がより拡張してしまうので悪化します。
冷やしたり、刺激の少ないところで安静にするようにしましょう。
今年は梅雨が長かったり、大雨だったりと気候の不順が見られます。
身体に支障の出ないようにお過ごしいただきたいと思います。

 

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」