コラム

コラム「肌のかゆみケア」

コラム「肌のかゆみケア」

寒さに伴って肌のトラブルも増える時期です。 乾燥しているからか、肌のかゆみに悩んでいる方も多くいらっしゃいます。年齢とともに、皮脂 の分泌が減るので乾燥もしやすくなります。また徐々に上半身のかゆみも感じるようになると 言われています。 肌のかゆみには、ヒスタミンという物質が多く関係しています。肌に刺激が与えられると、ヒス タミンが分泌されます。神経を刺激するので、知覚神経から脳にかゆみとして伝えられます。

空気が乾燥すると肌も乾燥します

空気が乾燥すると、同じように肌も乾燥します。乾燥した肌は、肌表面の角層に非常に細か なひび割れができている状態です。 乾燥してひび割れてしまった角層は、外の刺激や異物の侵入から身体を守るバリア機能が 働かなくなっています。このとき、かゆみの神経も表へと伸びてしまうのです。この状態では、 ちょっとした刺激にもかゆみを感じやすくなっています。 

肌がかゆくてたまらないときは

爪で肌をかくと、さらにヒスタミンの分泌を促すことになるので、かくほどかゆみがひどくなってしまいます。かいてしまった肌はバリア機能がさらに低下するので、刺激にさらに敏感になり ます。完全に悪循環になりますし、菌が入って他の皮膚疾患になりやすくなります。

 

とはいえ、肌のかゆみは辛いものです。
ですので、肌がかゆくてたまらないときは、冷して神経の興奮を鎮めて、かゆみを抑えるようにしてください。保冷剤や冷たいシャワーも効果的です。
予防も大切な要素となります。肌を守るために、正しいスキンケアで保湿するようにします。化 粧水で水分を補うのはもちろん、水分を保持するためにも肌を保護するためにも油分も必要 です。化粧水の後は油分をプラス。セラリキッドも同じように、入浴後や化粧水の後がオスス メです。素早く封じ込めるようにオイルを塗りましょう。肌のバリア機能を守って、肌の健康を 保ってください。