コラム

粉をふく乾燥肌

粉をふく乾燥肌

今の時期、肌の乾燥やかゆみはありませんか?
お顔だけではなく、着替えると白い粉が舞うという方も。
白い粉は、角層細胞です。

 

私たちの肌は表皮・真皮・その下の組織の3層で構成されています。表皮の最も外側が「角質層」です。その角層細胞がめくれあがり、白く粉を吹く状態が、粉ふき肌です。

 

通常は、角質層は角質が積み重なれるように形成され、角質と角質の間にはセラミドがあります。
そのため肌は内部の水分を保持でき、外部からの刺激からも守ってくれるバリア機能が備わっています。
角質は、表皮の基底層で生み出され、表面まで上がってきますが、角質が十分に育たないとターンオーバーで剥がれ落ちにくく、肌に残ってしまいます。
外部からの刺激によって、この角質がめくれてしまうことで、粉がふくことに。

粉をふく状態になると、かゆみが発生したり、湿疹や水ぶくれができたりします。
バリア機能が落ちているため、さらに外部からの刺激にも弱くなります。
ゴシゴシこすって洗ったり、刺激のある洗顔料やボディソープは厳禁。ふわふわの泡でやさしく洗ってください。

 

保湿は思っている以上にしっかりと。化粧水はたっぷりと使い、水分を肌の奥へと浸透させます。ビタミンEオイルはその後使ってください。
オイルを一度手になじませたら、再度手のひらにとって、やさしく手を当てて吸収させます。
粉をふいている部分は、一度吸収したなと思っても、吸収が遅くなるまで何度も上からなじませます。
このとき、できるだけ手を動かさず、手を当てたままキープ。
そのうえからジェルやクリームを塗っておくと、より効果がアップします。

 

#粉をふき肌 #乾燥肌 #肌のかゆみ #肌のトラブル #スキンケア #保湿 #乾燥肌のケア #アトピー

 

 


 

【セラストア】ビタミンEオイル「セラリキッド」

ビタミンEオイルについて詳細はこちら>>